グルコサミン・コンドロイチンの効果

グルコサミン・コンドロイチンの効果 > グルコサミン・コンドロイチンとは

グルコサミン・コンドロイチンとは

主にカニやエビ等の甲殻類に含まれている成分で、ヒトには軟骨や靭帯、爪に存在します。軟骨細胞を作る為に必要な栄養素となります。

近年、サプリメント等で関節痛に効果があるとして脚光を浴び、今も幅広い年代に親しまれています。ですがこのグルコサミンとコンドロイチン、両方軟骨に含まれている成分なのですが違いがあります。

まず、グルコサミンは皮膚や軟骨及び甲殻類に含まれ、ムコ多糖類に属しています。効果については、軟骨細胞や間接液の生成や免疫の向上、消炎効果等が認められています。年配の方の膝の痛みやその他間接の痛みはグルコサミンの不足が原因と言われ、服用の際に間接の動きを良くし痛みを和らげる効果があるとして、グルコサミンを主成分とするサプリメント等の開発が進められています。

ただし、適正な服用をする分には特に問題などは無いのですが、過剰服用をした場合は血圧や血糖値の上昇や、副作用として胃腸炎がある為、使用上の注意を守り適正な服用を心掛けましょう。若年層が過剰に摂取した場合、本来持っている軟骨の再生能力が低下してしまうという報告もあります。

そして、重度若しくは慢性の関節痛にその効果が認められた記録は無く、その場合はグルコサミンに頼るのでなく医療機関に相談しましょう。次にコンドロイチンとは、サメのフカヒレや軟骨、ヒトの粘液に含まれておりアミノ酸に属しています。効果については、グルコサミン同様、軟骨細胞の生成を行います。

その他コラーゲンに近い働きを持っており、保湿効果もあります。コンドロイチンが不足した場合は栄養が体に回らず細胞等の老化に繋がります。その為、コンドロイチンという成分が老化防止に繋がると考えられ、適正な摂取を継続する事でアンチエイジング効果が期待されています。

グルコサミン コンドロイチンの違いは、まずムコ多糖類とアミノ酸という違いがあり、グルコサミンは軟骨細胞の生成や再生、間接の痛みへの効果、コンドロイチンは軟骨に干渉はしますが生成する訳でなく消失を抑える働きを持っています。

グルコサミンは主に食事による経口摂取で体内に取り入れるのに対し、逆にコンドロイチンは食品そのものにコンドロイチンが含まれているものが少なく経口摂取での取り入れが出来ません。ですが、そもそも体内に多く含まれており25歳くらいまでは自分の体内でたくさん生成します。グルコサミンもコンドロイチンも、食事と共にサプリメント等で補う事が上手く摂取出来るポイントだと言えます。

グルコサミン・コンドロイチンの効果
美肌
血行促進
関節痛
免疫強化